美容皮膚科の真実を探る

美容皮膚科だからと言ってイコール美容整形ではありません。

肌の悩みを改善するために一般皮膚科やエステに行くことはあっても、美容皮膚科の敷居は高くて受診までたどり着けないでいる人は結構います。美容整形をするのは美容外科であって、実際美容皮膚科と美容外科は違います。患者の悩みや目的、治療内容、そして専門分野に至るまで内容が全く異なるからです。つまり美肌を生み出す専門集団であり、皮膚の構造やメカニズムを研究し熟知した美容皮膚の専門医が中心となり、見た目の美的なこだわりを追求します。ですからメスを使わない美容医療で様々な肌の悩みを解決してくれるところなのです。

一般皮膚科に比べると治療費が高額なのは、保険枠に限定されない最新美容医療を提供しているためです。単なる皮膚疾患の治療にとどまらず、美容的な観点やライフスタイルにも配慮した高度な医療を行っています。そのため保険枠の中で提供される薬だけでは治療に限界があり、どの病院でも処方される薬がだいたい同じものになってしまいます。そうならないためにも、豊富な臨床経験のある専門医が症状に合わせて適切な処置を施すことが可能となっているのです。もし費用のことで心配しているのなら低金利のメディカルローンを利用してみてはいかがでしょうか。

それでは具体的に美容皮膚科での治療内容をあげてみましょう。ニキビや毛穴治療、しみや肝斑(かんぱん)そばかす治療、くま、多汗症(手顔わき大腿など)治療、アンチエイジング、リフトアップ、ほくろいぼ、脱毛などのスキンケア、傷跡やケロイド治療、頭髪(薄毛や抜け毛)治療、妊娠中の肌トラブルと妊娠線対策、ヒアルロン酸やボトックス注射や注入、レーザー治療、医療アートメイクやタトゥー(刺青)除去など数えたらきりがありません。こうしたことが世間一般で認知度が低いのは残念なことです。悩みのある人は一度受診してみることをお勧めします。

銀座で医療脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です