シワのタイプによって違う治療法

加齢とともに、シワが出来るのは仕方のないことですが、できることなら、弾力のあるハリのある素肌を取り戻したいものです。

アンチエイジングの化粧品では、効果を実感するまでにかなりの時間がかかりますが、美容皮膚科やクリニックで治療を受けると、マイナス5歳肌やマイナス10歳肌も夢ではありません。では、美容皮膚科やクリニックでは、実際にどのような治療が行われているかというと、シワの種類によって変わってきます。

一昔前は、シワを改善するには、こめかみの部分を切開して吊り上げるフェイスリフト主流でしたが、現在は、メスを使わずに行う治療がたくさんあります。年齢に伴う保水力の低下により、肌が乾燥してできる表皮性のものには、レーザー照射や極細糸を入れるファインリフトなどが効果的です。表皮性のものよりさらに進行し、Y字型に深く刻まれた真皮性のシワには、ヒアルロン酸注入、極細糸を埋め込み、肌の内部でのコラーゲンの生成を活発にさせるVラインリフトなどがあります。

また、表情筋を動かすことによってできるみけんや目じりのしわには、ボトックス注射が効果的です。紫外線や筋肉の老化によって起こるたるみによるものには、高周波を照射することによって肌を引き締める、サーマクールが最適です。いくら良い治療法があるからとはいえ、家にいる時でも日焼け止めを塗り、極力日に焼けないよう努力したりと、普段からシワを作らないように努力することも大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です